α77で公園散歩〜グリーンなアイツは…(1)

普段、この手の話題はあまり載せないんですが…。

北の将軍様の暴走は、もぅ自滅間近って感じですな。
今、躍起になって開発中の兵器群=保有国が半世紀以上も前に確立したモノではないか。
しかも、ほとんどはどこかの闇ルートで流れてきたモノに改良(改悪?)したモノとか。
いゃもちろん、ナメているわけでは無いし、実際に有事になれば非常に困るのだが…。
日本人はよく”平和ボケ”民族とか言われていますが、平和で何が悪いか。
約70年前、焼け野原になってからここまで持ち直した後に、
世界に冠たる技術立国になった国も珍しいのでは…?

軽自動車一台〜エントリーモデルのコンデジすら自国で造れない国がどうなるか…?
いずれ、答えが出るような気がしてなりませんよ。
すぐにどうこう…は無いでしょうが、あと何年かで結果は出るのでしょう。


…と、常々夢想だけはしておる昨今ですが、
今週末も一眼持って、朝ポタ三昧でsy…(おぃおぃ…)
全くもって、平和ボケを享受させて頂いております。m(_ _)m


土曜日の朝も涼しくて、Tシャツ+半パンだとブルッと来る朝でしたね。
遠回りして、いつものフィールド(公園)で”平和ボケ”していました。(苦笑


着いてから、いつものルートで・・と。ふと目についたのが


a0337606_10563328.jpg
あれまァ・・朝からダレてますなぁ(笑。昨夜は飲みすぎたか?)
まるで、どっかのオサーンみたいな格好で…あ、墓穴掘ってますが。

この日用意していたのはA77と旧型望遠ズーム、それとSAL1855のみ。
んが、このSAL1855がけっこう重宝するんですよね。
まずは、情景写真(?)てことで、広角側(18mm側)で一枚。

そばにMTBを立てかけて、さぁて…久しぶりの接近戦の始まり。


a0337606_10563494.jpg
※【 SONY A77+DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM 】

実はこのレンズ。a-ki_laさんに譲って頂いたブツなんですが…。
重い望遠とか、Macroとの抱合せで良い仕事してもらっていますよ。
かなり寄れるので、結局Macroの出番がない時もありますね。

んが、ちょっとズームリングのゴム部が白くなりつつあり…。
いずれ機会を見て、ローレットの清掃でもしないとダメですね、ハィ。


上の子はいわゆる ”カナブン” と呼んでいた甲虫だと思いますが、
コガネムシ?もしかして、ハナムグリの仲間とか…(良く分かりません)

(※アオドウガネとのご指摘です。ありがとうございました!)


で、毎度のヨガみたいなポーズでもって(笑)パチっていたのだが…
最後に横から撮ってみたら・・あれま。


a0337606_10563441.jpg

あ・・オ、オチリから何やら・・(ウププ!

そうだったのね〜。朝の○○のお時間だった…ようで。失礼!
いやぁ、ベンツゥが良いのは健康な証拠ですわ、あはは・・(汗


a0337606_10563546.jpg


しかし、何気ない甲虫撮影でも半時間ほど楽しめるとは・・。

妙に平和な朝のひとときでありました。(しばし続く)




[PR]
Commented by okuryunoblog3 at 2017-09-04 20:48
こんばんは。
北の将軍様、困ったものです。
この先どうなることか・・・不安ですね。

おお、今回の甲虫、きれいに撮れてますなあ。
A77+DT18-55mm 、いい仕事ぶりです。
この子は、大きく言えばコガネムシ科で、カナブンやコガネムシ、ハナムグリさんのお仲間ですよ。
この子の名前は、アオドウガネだと思います。
とくに珍しいわけではありませんが、よく似ているカナブンやコガネムシに間違えられそうですね。
Commented by a-ki_la at 2017-09-04 22:04
全部いっしょくたに「カナブン」って呼んでました~
いろんな種類がいるんですね。キレイな碧色だなぁ。
こういう色のデッカイ石がついた指輪してるお金持ちそうなおばあさん、いますよね。(笑)
大きな目が離れてついていて、なんか可愛らしい顔です。
これ、花はガウラかなぁ??
垂れた茎に逆さに張り付いてるのも面白いです。

で、その節はスミマセン。
部品取りした後のブツを「不用品」呼ばわりした上に、それを押し付けちゃって。
いやぁアレ(αロゴのレンズキャップ)は良い買い物でした。(笑)
で、不用品の方も結果的には良い買い物となりまして、ありがとう存じます。
寄れることも描写も素晴らしいですね。使い手の技量に応えてくれるレンズなんですよ。
キットレンズってそういうものかもしれません。
ただ、ちょっと触った感じでは、あのズームリングは馴染めそうにもないって思いました。
一番縮むのが35mm付近でしたっけ??昔はそんなレンズ、珍しくなかったのでしょうか...
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-09-04 22:42
okuryuさん、こんばんは〜。

将軍様は…どうなりますやら? 兵器の開発>製造>保管・管理には
莫大な資金と労力がかかるので、このまま疲弊(自滅)
してくれる可能性もありそうですが…あまり期待してもダメですね。
抑止力とかが、意味をなさなくなる時代が来てくれれば嬉しいですけど。

>A77+DT18-55mm
さすがに純正ズーム(キットレンズ)だけあって、相性は良いですね(笑
軽くて小さいので、ポタリングでは重宝するんですよ〜。
今はググっと寄れるズームが多いんですが、このレンズも
最大撮影倍率が0.34倍と大きめでして。写りもけっこういい線行ってます。

>アオドウガネ
うがが・・初めて聞いた名前だ…。(恥
マンションの階段にときおり転がっているのはもっと緑色がテカっているので、
あれはコガネムシだと思っていたのですが…この子は少し地味な感じだったので。
う〜ん。相変わらず奥が深いですねぇ。いつも勉強になりますよ。m(_ _)m
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-09-04 22:53
a-ki_laさん、早速どうも! こんばんは〜。

そうそう。自分もカナブンしか知らなかったですよ(苦笑)
この子はオチリの周りにオシャレなフサフサ毛があるので、
ちょっと(?)だったんですけど。博士によると、”アオドウガネ”だとか…。

>デッカイ石がついた指輪してる
あはは・・(笑)ソッチに目がいきますか。言われると、指に光っているとか、
首にぶら下がっている人とか…リッチに見えますなぁ。お一つ如何です?( ̄ー ̄)ニヤリ
仰る通り、改めて見直すと可愛い顔つきだったりしますよね。
頭部の形とか、翅の三角部分で見分けるとか・・う〜む、まだまだですわ(沈。

ガウラ=おぉ、さすが! 皆さん、良くご存知ですねぇ…。
確かにこの花です。園内の一角で咲いているんですが、もぅピークは過ぎましたねぇ。
で、何気に近寄ったら、緑のオサ〜ンが…(実は後日、大量に見つけたんですよ)

>部品取りした後のブツ
いやぁ、こちらこそ重宝しております。言われるように35mmで最短長ですが、
あまり考えて使ってませんね〜。(ダメやん…)
寄る時は55mm側いっぱいですし、遠景だと18mm…どっちかが多いかも?です。
ローレット部分が少し白くなってきたので(無精者でスイマセン!)
そろそろ清掃してあげようかと思います。
Commented by icofit at 2017-09-05 00:54 x
私は、この形の虫は、鹿児島に住んでいたころは「カナブン」と呼び、最近は「コガネムシ」と呼んでいました。
違う虫なんですね。勉強になりました。でも、見分ける自信はないなあ…。
しかし、まさかのプリプリな瞬間でしたね。
平和です。

北の動機、いろいろと分析されていますけど、もはや何をしたいのか分からなくなってきました。でも、ここまで著しくバランスを失ってしまったことで、自滅以外の道はなさそうに思います。
私たちも備えは必要だと思いますが、その中でも変わらない生活を続けるのが一番いいのかも。
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-09-05 08:16
icofitさん、お早うございます。

自分も子供の時は”カナブン”でしたね。コガネムシの愛称だと思いこんでいました(苦笑)
ちょっと調べてみると、なるほど…微妙に背中や顔の形・色合いなど、並べると違いは解りますが…その場ではちょっと無理っぽいですね。
この子は土曜日には1匹しか目に入らなかったのですが、日曜日に寄ってみたら…ワラワラと見つかって。(笑
どうやら、花か葉をモグモグと食べているようでしたよ。
(で、ご覧のプリプリ〜ですな)

>北の動機
どの国も裏ではアレコレとやってますが、独裁一家が3代も続いて、
さて…このご時世。もぅ未来は暗いような気がしてなりません。
アッチのTV速報や街頭インタビューとか観ていると、戦前〜戦中の日本を
見ているようで、何だかやるせない気持ちにはなります。
(もっとも、TVの画角が旧世代の4:3ブラウン管?…と言うのは、うぷぷ〜!ですが)

仰る通り、仮に有事になっても動じない姿勢は大事ではないかと思いますね。
あと2〜3世紀もしたら、核の抑止力には効力が無くなって・・・
あ、SF映画や小説の読みすぎだったかなァ?(苦笑
by carbon_trek_y33 | 2017-09-03 23:59 | 季節の移ろいなど | Comments(6)

旧式のMTBとデジタルカメラで、ゆるり…と楽しんでいます。


by teisyo_2015
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30