α77で公園散歩〜カメムシ編/2015年7月分 (1)

うーむ…今朝は(今朝も?)失敗してしもぅた。

例によって朝6時半には出たのだが、準備をしているだけで滴る汗が困る。
基本、朝9〜10時以降でないと部屋のエアコンはつけないんですが、
今週は気温のみならず、湿度がもの凄いですね。
今日の大阪の最高気温/予想が36〜37度とか…。(うへぇ〜・・)

街中のアスファルト上だと、40度越え? かもねぇ・・。


で、もぅ止まってジックリと写真を撮るだけの気力も無いし、
この時期はセミ以外、コレと言って…な〜んて弱音を吐いたのがダメだった。

ワンワン鳴きまくっているクマゼミに混じって、おおぉ〜!
近い将来、オーサカでは絶滅危惧種に指定される(…と、思い込んでいる)
アブラゼミがぁ〜! クルクルと走り回って数匹、見つけましたよ。
とっくにクマさんに駆逐されたと思い込んでいたのだが、
いゃあ〜なかなか。彼らの根性を垣間見たような・・。
(もしかしたら、シーズンを外して出て来たのかも?)

で、こんな時に限ってカメラ無いし…(苦笑。


んが・・セミに混じって最近、特に良く見つかるのが(↓)

a0337606_11204285.jpg
a0337606_11204642.jpg
キマダラカメムシさんですな。

以前、飛んできたコイツをコンデジで撮って、
テンションが上ったんですが…(笑)。
なんてことはない、最近は目を凝らすとアチコチに止まっております。
時には10匹ほど群生している木もあるくらいで、
う〜っむ。こりゃあ〜クマさん同様、侵略戦争になっとるのかも?

で、なーんとなく銀杏の香りがするような辺りで撮っていると(↓)


a0337606_11204977.jpg
おぉー。コレまた、変わったカメさんですな〜・・。

んが。帰ってから調べると、コイツはキマダラカメムシの子供だそうで。
なーんや。そうでしたか・・って、カラーリング変わり過ぎ! だよ。



[PR]
Commented by okuryunoblog2 at 2015-08-01 16:39
こんにちは。
この子は、初めて見る子ですな。
調べてみると、外来種だそうな。
温暖化の影響で、徐々に住処を増やしているようですね。
まだ、福井県では見つかっていないかも。
そのうちやって来ることでしょう。
けっこう、渋い模様のカメムシですね。
まあ、あんまり歓迎はできませんけれど。
Commented by carbon_trek_y33 at 2015-08-01 17:40
okuryuさん、早速ありがとうございます。
まだ福井県までは侵略(?)していないんですね。
そうですか、外来だったとは・・ちょっと複雑な気分です。
(言われると、ちょいとラテン系のカラーリングかも?)
カメさん自体、近寄るのは気が引けますが(苦笑)、
写真写りはイイみたいで。でも、撮るのはコレっきり! ですな(笑。
Commented by a-ki_la at 2015-08-01 23:09
カメムシってうっかり潰すとクサいアイツですか?
緑色のしか知らなかったです。
背中にも顔があるみたいで、なぜかコドモの柄の方が不気味な感じ。(笑)
オトナは落ち着いた和柄に見えます。(爆)
ホント、高精細ですね。この種はずいぶん大きいのでしょう?
Commented by carbon_trek_y33 at 2015-08-02 09:43
a-ki_laさん、お早うございます〜。
そうそう、『触ると危険! 潰すな危険!』のアイツですな(笑。
何となく…ですけど、接写しているだけでプ〜ンとにおひが…(気のせいかな?)。
私もグリーンのカメさんしか見たことが無かったんですが、
(okuryuさんご指摘の通り)ついに外来者がオーサカまで…。
成虫の和柄(?)はまだ許せますけど、子供のカラーリングはやはりアッチ系ですネェ。
成虫は15mm程度だったかな? 子供で10mmくらいだったと思いますよ。
Commented by a-ki_la at 2015-08-02 11:56
再びお邪魔します。
sadaさんちの別館で見た時計の工具のことで、教えてください。
あ、全く急がないのでお暇な時にでもお願いします。

古い自動巻の腕時計の裏蓋を開けてみたいのですが、
工具セットの中にあった黄色い握りの付いてるこじ開け道具だけあれば可能ですか?
こじった後に何か別の道具がないと開かないのでしょうか?
時計を固定するクランプ?みたいなのは必要でしょうか。

セイコーマチック ウィークデーター 26石
1964年製初期型

ワタシのブログの2013/9/7の過去記事の腕時計のことなんです。
数ヶ月前に信頼出来そうな修理店が見つかりまして、
50年分のホコリ(埃の方)を掃除してもらったのです。
で、仕上がりの写真を撮りたかったのですが、受取に行ったらもちろん蓋は閉められいて、チャンスがなくて。
その頃は等倍マクロもなかったですしね。
預ける前の汚い状態を見せてもらった時、機械の美しさにカンドしたので、
出来ることならいつか(でも動いてるうちに)写真に撮りたいと思っていて。
その方法を思案中なのでした。
Commented by carbon_trek_y33 at 2015-08-02 21:58
a-ki_laさん>別室までのご訪問、恐れいります。m(__)m

うーん、実はそれほどの時計マニアでは無いのですが…。
ちょっと調べてみた限り、『ノーマルのウィークデーター 26石』は
別室で外したのと同じ裏ブタ形状で、スクリューバック・タイプのようですね。
ただ、ソチラの過去日記を拝見したところ、初期の記念モデルと言うことで
はめ込み式(スナップ式)の蓋のように見えるんですが・・。
(間近で見ないと断言は出来ませんが)…で、あれば仰るとおり、
黄色いグリップの『こじ開け金具』があれば、開けられると思いますよ。
フタのどこかに、ほんの少しだけ ”隙間” があるので、
そこに工具を差し込んで開けるみたいですね。

本体の固定具は、う〜ん・・。爪で開けるタイプだと、固定しないとダメですが、
差し込み式であれば無くてもイケそうな・・。

ただ、フタを締める際には専用工具(圧着工具)が必要かもしれませんね。
アレはマジでプロ用工具なので、ちょっと買おうか? な、お値段では無いかも…。
指で押し込んでも締められそうですが、お母様の大切なものだけに、
万全を期す方が後々良いと思うんですが…。

検索してみたトコロ、”ウィークデーター 26石”は結構レアなお品みたいで。
某オクでも何品かは出ていましたけど、そこそこ良いお値段ですね〜。
(あ、下世話な話でスイマセン!)

内部のメカ構造も素晴らしく、金色のムーブメントが動くさまを、一枚撮ってみたいですねぇ。
Commented by a-ki_la at 2015-08-03 07:41
通勤車内からおはようございます!
早々にお返事いただきまして、ありがとうございました。
だいぶお手間をとらせてしまったようで申し訳ありません。

なるほど〜
こじ開け具だけで開く可能性大。
ただし、閉める際の圧着不足による後々への影響は大きそうですね。
むぅー やっぱり自分でするのは難しいかな。
あの時計は廉価モデルですが、裏蓋の刻印のせいでかなりのレアものかと思われ。

時計店で開けてもらい、自宅にそっと持って帰り撮影、またお店で閉めてもらうとかも考えたんですが。
お店⇔自宅間は遠くないので、振動と塵に注意すれば出来そうかも?!
開け閉めだけ数千円でやってもらえないか頼んでみようかしら。
でも、こんなヲタクな興味を理解してくれる方でないと、はぁ?って感じですね。
誠実な老時計修理工でしたが、愛想なしな感じでした。(笑)
数ヶ月前に掃除点検パッキン交換してもらっただけですが、
10分遅れ/1weekが1〜2分遅れほどに改善されたようです。
やっぱりプロってすごい!

もうちょっと考えてみますネ。
ホントにありがとうございました!
記事と無関係なことでコメント欄を使ってしまってすみませんでした。
Commented by carbon_trek_y33 at 2015-08-03 18:27
a-ki_laさん>お早い時間からお疲れ様です。

私も色々と勉強になりましたが、なにぶんスナップ式は経験も無くて。
一度、やってみたいのですが…(実家の父親のモデルでテストしよっかな?)

圧着工具>某楽天市場で、安い大陸製品は出ていますね。
意外と高評価なので、自分で試すなら(↓)をゲットするかも。

http://item.rakuten.co.jp/toolone/to-6282?s-id=top_normal_browsehist&xuseflg_ichiba01=10000074

持ち込みだと、修理店の職人さんに浮かない顔をされそうで…(苦笑。
ちょっと頼みにくいですよねぇ。せっかく調子が良いのになんて事を…と。

ヤフオクなどなさっているのであれば、同型機種のジャンク品(1,000〜2,000円くらい?)を
1つ手に入れて、練習台にするのも手ですかねぇ?
練習後はそのまま部品取りとして保管するとか。
(何だかクラシック・カメラの世界に似てますが…)

最後は自己責任になるので、ある程度の投資/覚悟は必要かもしれないですね。
自前のクォーツもパッキンがずれていて、防水が出来てない…かも?(ヤバ!
by carbon_trek_y33 | 2015-08-01 11:38 | 季節の移ろいなど | Comments(8)

旧式のMTBとデジタルカメラで、ゆるり…と楽しんでいます。


by teisyo_2015
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31