Dimage A1で公園散歩/9年ぶりに使ったら…アチャ〜!(1)

またしても、雨…いゃ台風接近ですなぁ・・。

結局、今週内で晴れ間が見えたのは木〜金曜日だけ。
さすがに洗濯物が増えだしたので、金曜の朝からいそいそと回しておきましたが。

木曜日の午後=久しぶりに近くの方から依頼があったので、
外の天気も良いし、午後からTREK号でブラ〜っと出発。
いつもの公園のざっと2倍超の距離なんですが、な〜んかシンドい。(苦笑

う〜っむ。走り込みが足らないのか、いい加減このポジションは…(沈
この分だと、とてもロードレーサーには乗れないなぁ…ブツブツ・・

・・・なんて愚痴りつつも、金曜日の午後。
あっさり終わった受注分を送信して、午後3時過ぎに公園まで。
ワンショルダーバッグにスポッと入るDimade A1を入れて、試し撮りとか。


a0337606_08481981.jpg

・・ま、やっぱり年代モノですな(笑。
バイクも年代モノだが、A1君もやはり時代なり…だったな。

悪くは無いけど、ダイナミックレンジが狭いし、あっさり白飛び+潰れが凄い。
見栄えはするけど、やはりP7700の敵では・・って、時代が違うやん?(ゴメン

a0337606_08481902.jpg

まぁ証拠写真やお遊びで使う分には問題ないかなァ…?
完全な逆光でもわりとAFが決まるので、使い出はありますけど。
もっとも、見にくいEVFや液晶モニターは使って楽しいモノではありません。

a0337606_08481930.jpg

昨今は当たり前のように装備されているシーン・モードなどは・・(無い!
WBとかをイジって撮るしか無いんですが…GRDみたくクロスプロセス風で?


まぁDimage A1はさておき、このTREK号。
さすがに23年間の風化は誤魔化せないので、使い心地はイマイチであります。
坂道のペダリング・ロスも大きいし、変速機/ブレーキとも昨今の性能には程遠く。

まず、ディスク・ブレーキに慣れきった身にはリム・ブレーキ自体がダメ(苦笑
埃がついたパッドでリムサイドを削っている感触が、もぅイヤなんですね。
しかも、少しでも水分が付着すると ”パオ〜!” と、まるで象の鳴き声が。

シフターも昨今のSHIMANOモデルみたく軽快にカシュ… では無くて、
一呼吸おいて カッシィ〜〜ン !・・あれれ? チェンジしてないし?
もぅラチェット部が摩耗しているのか、変なクセが着いてしまって困ります。
それでも、相変わらず走り自体は軽いし、シンドいポジションも日を空けると
かえって面白いでは・・まぁメイン・バイクにはなりませんが、これもアリかな?

まぁソッチはさておきまして。
久方ぶりに、園内をクルクルと走ってから親水池の方へ。

a0337606_08482049.jpg

以前はさっぱり見えなかったのだが、渉禽類が少し戻って来ていました。
両サイドを削って掲載ですが、やはり200mm(換算値)だとコレが限界。

しかし、コイツのEVFは・・・(苦笑
当然ながら、動きモノにはさっぱりダメなデジカメでして、
A77の有機ELファインダーの後だと、笑えるくらいの遅延画像表示。
30年前のビデオカメラを覗いているような錯覚を覚える年代機でしたな。

ということで、やっぱり業務機サブから格上げは・・ね。(ダメよ




[PR]
Commented by a-ki_la at 2017-10-28 18:47
フレームがこういう作りって、荷重はどこにかかるんでしょう?
青いYのフレームの二股部分??さっぱり分かりません。
順光と逆光の撮影、面白いですね。手前の影が緻密で楽しいです。
この青い柵は何のためですか?
煉瓦敷を斫っての後設置みたいだし、等間隔に配置されているのも不思議。
MTBの立て掛け用?まさか?!笑

よかったですね、アオサギさん戻ってきてくれて。
これは新しくできた方の池ですか?意外に深いんですね。
あとは青いお方のお帰りを待つばかりですな。
Commented by okuryunoblog3 at 2017-10-28 20:42
こんばんは。
a-ki_laさんのコメントを見て・・・。
確かに不思議な構造していますね。
どうなっているんだろ。
カメラの方は、さすがに9年前だと今のようにはいきませんね。
それでも、けっこうがんばっている方ではないでしょうか。
クロスプロセス風が、きれいな青でいい感じです。

池にアオサギが戻ってきてくれたんですね。
そのうち、カルガモや青い王子様もやって来るかも知れません。
楽しみですね。
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-10-29 10:42
a-ki_laさん、こんにちは〜。

>荷重はどこに
え〜っと・・ですね(笑)3枚目のカットですと、
クランク軸=ペダルを回す棒の中心の上に支点(ピボット)があるんですよ。
ココを中心に前と後部が動くんです。(…って、説明難しい…ぼそ)
もっとも、複雑そうに見えても実はシンプルな構造なんですよ、コイツは。
最新のバイクだと、もっと複雑怪奇な(?)システムになっていますので。
中には高級車みたく、電子制御のサス・ユニット搭載! なヤツも…(すげぇ!

あ、青い柵は…実はココ、市営プールのチケット売り場の前でして。
柵は人列整理用なんです。まぁ昔のように並ぶことはあまり無いかも?

アオサギ=一時は近くのドブ川で見かけたんですけど、
コッチに戻ってきたみたいですねぇ。A1には鬼門だったけど(苦笑
残念ながら、青いヤツは…完全に引っ越ししたみたいですよ。
この日は他にコサギ君もいたので、次は載せてみます。
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-10-29 10:50
okuryuさん、こんにちは。

また22号が…これから関西はピークに入りますが、もぅさっさと北へ
行って消えて欲しいですね。も〜、勘弁して欲しい…(ぼそ

(↑)の構造自体はあまり複雑なモノではありません。
時代なりで、手持ちの中でもシンプルな方なんですね。
その分、コギ方によっては”ペダリング・ロス”と言われる物が出まくります。
昨今のバイクはロスを打ち消すため、あらゆる設計・構造を取り入れて
あるんですけど…これがお値段に上乗せされるってわけですね(笑。

A1は仕方ないですね。そもそもが、2003年発売のブツですから(笑
『時代モノにしては、けっこう写っている方かも?』くらいで勘弁するか…。

アオサギ君=ドブ池のそばでは見たことがあったのですが、
この日は新しい池に陣取っていましたので…さっそく試写してみました。
まぁコレが限界! ですけど(苦笑)次はA77セット持っていかねば。
青い子はもぅダメだと思いますが、この先はカルガモ一家に期待!ですね。
Commented by icofit at 2017-10-29 16:02 x
23年ものですか。当時としては先進的なフレームデザインだったんでしょうね。BBもメイン側じゃなく、リアトライアングル側にあるようですし。
スリックタイヤだし、ストロークも抑えめ。走りは軽そうに見えます。

年代物のカメラとはいえ、実用レベルですよね。私もまだ手もとに置いているIXY Digital 50の写真にも色合いが似ているなあ…と思ったりして。私のはコンデジですけど、同じころのカメラですね。

恐竜も戻ってきたみたいでなによりです。最近、私のところの野生の王国も、以前のような盛り上がりがありません。カワセミの餌箱を管理する人が引退されたのかもしれませんが、あまり表で見ることもなくなりました。

続編も楽しみにしています。
Commented by carbon_trek_y33 at 2017-10-29 23:38
icofitさん、こんばんは〜です。

何度も書いてますけど(苦笑)”若き日の想い出”の品になってますね…コイツ。
SHOPで見て、一目惚れだったんですが…なんせ予算が無かった時代ですので。
パナのMTB(モドキ?)からパーツを移植して組んでもらった最初の
メリケン・バイクでしたよ〜。
仰る通り、出始めではTREK社がカーボン・フレームの量産化に
こぎつけたモデルだったようですが、それでも結構なお値段でした。
BBの位置を工夫してロスを抑える設計だったみたいですが、プロライダーが
乗っても勝てないマシンだったとか・・まぁ、見てくれ優先かなァ? と。

>IXY Digital 50
うわ〜、懐かしいモデルですね。自分もD400とか持ってましたけど、
確かに派手さの無い色合いだったと思います。
外装がステンレスだったので、頑丈でしたが…ボディが分厚くて重い=
持ち歩きがイマイチでしたねぇ。でも、気に入っていましたよ。

恐竜の子孫達、やっと親水池に飛んで来るようになりましたが、
広くはないので縄張り争いが凄いみたいですよ。
カワセミ君は全く姿も見えなくなりましたね。遠い公園でも消えたみたいで、
さぁて・・今はどこに居るのやら? ですね。
by carbon_trek_y33 | 2017-10-28 09:18 | Comments(6)

旧式のMTBとデジタルカメラで、ゆるり…と楽しんでいます。


by teisyo_2015
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30