人気ブログランキング |

D7200で公園散歩/一気に暑くなって、すでにバテバテ…の、巻

すでに梅雨入り〜夏の始まりみたいな気分であります。

週初めは屋久島や関東方面で豪雨被害があり、全国的にもヤバかったようですし。
まだエアコンのお世話にはなっていないけど、この分だと週末辺りはスイッチ・オーン!
・・な気がしますな。ハィ・・。


相も変わらず世間的にはロクなニュースが無くて、つぃつぃ現実逃避に走るのもダメなんだが…
先週のこと。22作品もあるアベンジャーズの一部=【ドクター・ストレンジ】やってくれて、
やれやれ。待っていて良かったぜ〜! と、相変わらずXXXな理由で喜ぶオサーンであります。
毎度のCATVオンデマンドでも視聴しなかった ”ベネ様演じる Dr. ストレンジ” なんだが…
とっくに何でもあり! になっている同シリーズなんだが、魔術師が出た本作は微妙な出来だったか。
映像そのものは凄く面白かったけど…基本、マジック+ファンタジー系はイマイチ乗れないのかもね?

それでも、やっと観られたことでAシリーズの流れが少し繋がった…のは、良かったかも?



朝晩はけっこう涼しくて、寝付きやすいのはありがたいんですが。
あ〜、今年も終わったか・・というのが、公園内のシャクヤク園/ライトアップ。


a0337606_11160301.jpg

a0337606_11160339.jpg

【 D7200 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G(1型)】



ゴツい柵の向こうに、美しいシャクヤクがいっぱい。(外から覗き撮り=苦笑)

いつも後から反省しちゃうんですがねぇ。せっかく綺麗に咲き誇っているのだが…。
夕方、ちょっと出て撮りに行けばいいのにタイミングが合わず…いつの間にか期間切れ(沈
機材云々・・よりも、今年はそういった”実行力”を養わなければなりませんな。


仕方ないので、いつもの練習パターンで凌いでおる次第です。

a0337606_11160334.jpg

毎度の試写場所で、毎度の被写体+アングル撮影(笑
もちろんレンズによると思うが、色の特徴がないと言うのか、素直と言うのか・・?
エフェクトでもかけない限り、見たまんまを吐き出す傾向にあるような=>Nikon
あんがい、基本を学び直すには良いセットなのかもしれませんが…む〜。


朝方は親水池の昆虫たちも動きが鈍いので、つぃ・・・

a0337606_11160354.jpg

翅を休めるシオカラトンボとか・・・

a0337606_11160484.jpg

コレは珍しい…もしかして、「ニジュウヤホシテントウ」?(違った…ナミテントウの紅型
フタツボシやナナホシ(お米の名前みたい…)は時々見つけるけど、この子は意外と初見?かも…。
以前は別の場所で色々なテントウムシが拝めたのに、下草を全部刈っちゃったせいか
今年はあまり発見できず。良いのか悪いのか…あまりバッサリ刈るのもどうだかねぇ? と。

a0337606_11160463.jpg

a0337606_11160443.jpg

たぶん、アオモンイトトンボの雌雄=♂・♀かと…?(かなりトリミング)

ぶっちゃけ、虫狙いだと高倍率のコンデジの方がスカッといけそうな気がしますが…。
重たいDSLRで踏ん張って狙うのも、まぁイイもんだ…と、頑張っております。ハィ…。





Commented by a-ki_la at 2019-05-22 23:24
ニジュウヤボシテントウだとしたら、細かい産毛のようなものに覆われてるらしいですよ。
そんなの見てみたいなぁ。
シャクヤクも素晴らしいですね。花びらの間に「空気が挟まってる」感が感じられ
とても立体的です。
イトトンボをこれだけ精彩に撮れるだなんて、すごいですね。
便利ズーム、恐るべし。
>見たまんまを吐き出す傾向
これは主に緑の描写に対してそんな印象を持ちました。
おとなしめがちょっと寂しく感じる時は盛ればよいだけで
ソニーの最初からエグい緑よりはずと良いのかも~
Commented by icofit at 2019-05-23 00:06 x
おお。なるほど。素直な色合い。見たまんまを出力する感じですかね。私のD600は変な色になることも多かった記憶がありますが、7200くらいになると、そのへんも改善されていたのかな?
頑張ってFマウント整理したのに、また欲しくなってしまう…。昆虫たちがこんなに精細に撮れるの、すごい! でもやはり、sadaさんの技能があるから撮れるのでしょう。イトトンボは、そこにきちんとピントを合わせるのからして難しそうです。
Commented by carbon_trek_y33 at 2019-05-23 09:44
a-ki_laさん、お早うございます〜。

あぁ、また間違った!(爆沈)おっしゃる通り、ニジュウヤホシ…じゃないですね。
この子には産毛は無かったですよ。 はて・・んじゃあ〜何テントウだろぅ・・?(謎
テントウムシの世界もサンバ・・じゃないな、謎がいっぱいですねぇ(汗

シャクヤク=いつも朝方しか通らないので、つぃ見逃してしまうんですよね。
開園の時間には、すでに帰宅途中>ちょっと居残って写せば良いのに>何故か、いつもアウト。
お手入れが見事なので、どの花も美しいんですけどね。あぁ、今年も勿体なかったなぁ。

>主に緑の描写に対して
確かに、そうですねぇ。自分も写してみて、そう感じましたけど…α系の鮮やかさとか、
FUJIFILMのベルビア調とか、モニター越しに映えるって感じではないかも? ですね。
とはいえ、少し前のモデルだとWBが暴れてイエローにコケる奴もあったとか…?
さすがの老舗でも迷うことはあるようで。その点、SONYさんは最初から安定していたような…。
それにしても、昨今の設定項目の多さには、ちょいと閉口しちゃいますけど(自爆
Commented by carbon_trek_y33 at 2019-05-23 09:57
icofitさん、お早うございます。

D7000系=そうですね、おおむね見た目通りに吐き出すみたいですよ。
おっしゃる通りで、D600/D800の時代はちょいと暴れる傾向にあったとか。
(白いモノを黄色っぽく出すとか、赤が微妙な色合いになるとか・・?)
後継機の610/810になって、やっと落ち着いた…みたいな記事もありました。
天下のNikonでも、そんな事ってあるのか・・うーん、デジタルの世界も奥が深い…(謎

7000系はいくぶん改善されているみたいですね。連写と可動液晶を諦めれば、
7200はコスパが良いかもしれません。今だと諭吉6枚でお釣りがきますから…(苦笑
でも、キヤノンをお使いだと特にマウントを増やす必要は無いかも…?
その分、新たなマシンへ投資・・あ、もぅその必要は無いですね。あれで完成形に見えますし。
いいなぁ・・・雪男号。パーツ・チョイスも完璧で、バリバリ走れそうです。羨ましい…(ぼそそ

あ、そうそう。便利ズームさんは…やっぱり望遠側は甘い感じですよ。
(↑)はほんの少しシャープネスをかけていますし、ここは”ズボラとトレードオフ”ですね(笑
AF関連は、けっこうイケてる印象です。まだ動きモノをちゃんと追えていないのですが、
3Dトラッキングとか試してみたいなぁ・・でも、肝心の小鳥の姿が見えなくて(自爆
Commented by okuryunoblog4 at 2019-05-23 18:43
こんにちは。
おお、こちらの世界にどんどん入って来てくださっているような・・・笑
始めのトンボさんは、シオカラトンボだと思います。
このテントウ虫さんは、ナミテントウの紅型ですね。
赤地に黒紋が2-3-3-1で並んでいる基本タイプのようですよ。
イトトンボの方は、私もアオモンイトトンボのオスとメスだと思います。
う~ん、新しいカメラを手に入れられて、世界がますます広がっていきそうですね。
ピンクの芍薬、きれいですね。
我が家にもほしい。
Commented by carbon_trek_y33 at 2019-05-24 00:01
okuryuさん、こんばんは〜です。

ええまぁ・・コッチのホビーはしばらく”そっぽ向いてました”からねぇ〜。(苦笑
ウチの近所だと被写体探しにも困るのですが、撮れるモノだけ撮って遊んでいたいですね。
引っ越しが済んだら、少し遠出してみたいのですが・・さぁて?

シオカラトンボ=あ、そうですよね(汗)たぶんそうかと思ってsy…(ホントか〜?)
けっこう飛びはじめてくれてますが、飛翔シーンはとても無理っぽく。
朝方、動きのない時間帯にこっそり撮ってみました。

てんとう虫=【ナミテントウ】って、一括りでそう呼称するんですね…?
あとは模様/斑紋で区分けしているみたいで…いやぁ、コレは面白いですなぁ。
たくさん種類(斑紋)があるんですね。う〜ん、てんとう虫って奥が深い・・。
イトトンボ=あ、良かった(笑)コッチは以前も撮っていたので、たぶんそうだったかと。

芍薬=毎年、園内でシャクヤク園がオープンするんですけど…残念ながら、まだ入園せず。
また1年待たないといけません。も〜、さっさとカメラを買って行けばいいのに…(ブツブツ
by carbon_trek_y33 | 2019-05-22 11:41 | 季節の移ろいなど | Comments(6)

旧式のMTBとデジタルカメラで、ゆるり…と楽しんでいます。


by teisyo_2015
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31